VIOデリケートゾーンの脱毛

私が今いちばん脱毛したいところは、VIOのデリケートゾーンです。Vラインだけは、ワキ脱毛とセットだったので綺麗になりましたが、その他のデリケートゾーンの毛が多いのでもっとすっきりさせたいのです。

せっかくオシャレな下着を着ても、アンダーヘアーがはみ出していたら魅力も半減してしまいます。水着を着た時も同様です。特にティーバックを履いた時などは、前からも後ろからもアンダーヘアーが見えてしまいます。

また、アンダーヘアーが多いと生理の時にムレたりして、デリケートゾーンの痒みの原因ともなるそうです。最近では、将来介護を受ける時のためにデリケートゾーンの脱毛をする人も増えているそうです。ただ、アンダーヘアーが白髪になってしまうと、脱毛できなくなってしまうので白髪になる前に綺麗にしておくと良いそうです。

私は今脱毛に通っています。私の住んでる練馬区には大きなサロンがないので、池袋まで通っています。【脱毛練馬

全身が毛深くて、腕、足、ワキ、Vライン、手足の指を脱毛しています。完全に綺麗になるまで、あと半年から1年くらいかかるかもしれません。それが終わったら、デリケートゾーンにチャレンジしたいです。

Vラインを脱毛し始めた時、元々毛が濃くて太いため、脱毛直後は皮膚が痒くなり大変でした。これまで毛に覆われていた部分が初めて顔を出し、ショーツに擦れてとても敏感になっていました。

新しい毛が生えてくる時も、チクチクして辛かったです。なので、その他のデリケートゾーンも同じ様になるのではないかと心配しています。デリケートゾーンは常にショーツと触れ合っているので、刺激を受けそうです。またIラインやOラインはVラインよりもさらにデリケートです。

サロンのお姉さんにデリケートゾーンを見られるのも恥ずかしいし、施術の時に痛みがしそうで怖さもあります。でも、デリケートゾーンが綺麗になったら自分に自信が持てそうです。

彼はアンダーヘアーがある方が良いと言いますが、女性はやっぱりすっきりしている方が良いと思います。早く綺麗なデリケートですを手に入れたいです。

カードローン地獄の入り口に立つ

私は大学生時代に親元を離れて学生寮に住んでいました。運動部に所属していたことから、アルバイトが出来ず、生活費は親元からの仕送りに頼っていました。

ある月、月の初めから出費が多く月の後半には仕送りのほとんどを使ってしまいました。

困っていた時、以前友人が話していたデパートの丸井のカードローンを利用してみることにしました。このカードローンは買い物の限度額が30万円ありました。

しかし私の興味は買い物ではなく、そのカードについているキャッシング機能にありました。その限度額は10万円です。

前述のとおりアルバイトが出来ない私は、1万円借りても次の月に1万円返すのであれば、よっぽど切り詰めなければ返済のための1万円は捻出できません。

結局また借りなくてはいけなくなり、毎月、借りる・返す・またすぐ借りるの繰り返しになりかねません。ところがこのカードにはリボルビング払いの機能が付いていました。

最大で10回払いが可能です。どうしても苦しい今月だけ1万円をキャッシングして、来月には分割払いの約1000円を返済すれば乗り切れるのです。

なんと素晴らしいシステムでしょう。私は天の助けと思いすぐにデパートのサービスカウンターでカードを作成してもらいました。

思ったより手続きは簡単で、若干不安のあった大学生の立場でもカードを作ることが出来ました。早速、丸井のキャッシュディスペンサーで1万円をキャッシングしました。

その時に、友達からお金を借りる時に感じる、後ろめたさや申し訳なさという感覚は、ありませんでした。むしろ誰にも迷惑をかけないでお金を借りられることに便利ささえ覚えました。

そして次の月から返済が始まりました。もちろん1万円借りて1万円の返済で済む訳もなく利子を付けての返済でした。しかし、借り入れの額が小さかったため苦にならず毎月順調に返済していました。

ところが半分の5回の返済が済んだ月、またお金が必要になりました、部活動の仲間で計画した旅行で費用は3万円でした。

遊びに使うお金なので親にも頼みづらく、友達から借りるのも気が引けたのでカードローンを利用することにしました。今回ももちろん10回のリボ払いです。またキャッシングに助けられました。

ところが、次の月から5か月間のの返済額は約4000円です。親元からの少ない仕送りで、ぎりぎりの生活をしている私には重くのしかかる4000円でした。

その後何度も何度も苦しい月がありましたが、何とか返済を滞りなく進め、全て完済しました。まさか利息の支払がこんなにも大変だとは…って思い知らされました。

数年後に知ったんですが、どうやら私が利用していたころはグレーゾーン金利が適用されていたみたいで、かなり多くの金利を支払っていたみたいです。

これを知りすぐに過払い請求をして払い過ぎた利息分を返してもらえました。良く過払い請求をしたらブラックになってしまうのでは?なんてことを聞くんですが、過払い請求をしても何の問題もありません。

なので、仮に今後お金を借りることがあっても審査には影響しないので大丈夫ですよ。

※参考サイト・・・過払請求後借入

ローンに通らなかったけど…

注目

私はド田舎に住んでいます。一日に数回しかバスが走らないようなところです。ですから、ここで暮らす以上絶対にマイカーは必要になってきます。一家に一台ではありません。一人一台が一般的。当然、ある程度の年齢になれば皆自動車学校に通い運転免許を取得することとなります。

私は長く都会に住んでいたので、車を運転することもなく所謂ペーパードライバーでした。
結婚してこの地で暮らすことになって、また自動車学校に通い講習を受けたのです。

退職金を使って初めて買ったのが、中古の軽自動車。この車と共におよそ10年暮らしました。この間に二人の子供に恵まれ、やれ病院だやれ幼稚園だ学校だと色々なところに行ったことを今でも懐かしく思います。
ポンコツ自動車ではあったけど、私にとってはまさに戦友でした。

この軽自動車とおさらばして、次に我が家にやってきたのが現在の軽自動車。燃費も良く、見た目もやっぱりあか抜けていてとても気に入っています。
最初の買った車は、練習もかねていたのでとても古くて安い車だったのですが、今度は本当に気に入ったものを買おう!これが私の希望でした。

主婦で収入が少ないため車のローンが通らなかったので私は車を買う時は一括現金で払おうとも思っていましたから、ずっと貯金を続けてきました。毎月3万ずつ3年間。そうして、ようやく新車を買うことができたのです。

これまでの人生を振り返ってみても、100万円を超える買い物をしたことはありません。せいぜい高くても、数十万円。しかも、それはモノではなく資格取得のための学費だったと記憶しています。

モノとして高額なものを買ったのはこれが初めて。私にとって記念すべきモノであり、できごとなのです。
これから10年は乗って行こう。これから10年の間には、きっとまた色んなことがあるのでしょう。